フォトロゲ®の誕生、概要、参加者向けルール、主催者へのガイドライン、もっと知りたい、地図とチェックポイント一覧の様式、国際ロゲイニング連盟 ロゲイニング規則の和訳、資料のダウンロード。

フォトロゲの特徴

参加者は、主催者から配られる地図をもとに、まずは作戦を立てます。スタートしたらチェックポイントを回り、得点を集めます。チェックポイントに到達した記録として、見本と同じ写真を撮影します。制限時間内にフィニッシュ地点に戻ったら、結果を提出します。
観光名所や寺社仏閣、店舗などがチェックポイントに設定されることが多く、本来のロゲイニングの戦略的な面白さはそのままに、ファミリーや初心者でも手軽に楽しむことができます。
また、性別により「男子」「女子」「混合」、年齢により、子供を含む「家族」、一定年齢以上のみで構成された「ベテラン」など、多くのクラスが設定されることで、参加者の意欲を高める工夫がなされています。

pic_plan.jpg pic_mapandcplist.jpg pic_photo05.jpg

フォトロゲの魅力

自由度の高いルール
チェックポイントを自由に回り、時間内に戻ってくる、それが基本的なルールです。時間制のスポーツなので、体力的なレベルは参加者に委ねられます。めいっぱい走り回ることも、気になる場所でのんびり休むことも自由です。
写真で記録
チェックポイントに到達した証明として、デジタルカメラで撮影を行います。撮影者以外のメンバーを一緒に写すことで、全員で回った一日の記録が残ります。
体を動かす
次々とチェックポイントを回ることで、いつの間にかたくさんの距離を歩いたり走ったりすることができます。
地域を知る
地図をもとにたどる知らない町は、それだけで冒険です。チェックポイントを繋ぐルートも自由なので、点だけでなく線や面でも地域を知ることが出来ます。路地裏で、住んでいる人も知らなかったお店を見つけることもあり、身近な地域の再発見にもつながります。
チームの楽しさ
地図を読むことだけではなく、お互いの状態や、考えていることを伝えあい、仲間と助けあうこともフォトロゲの大きな楽しみです。
地図に親しむ
地図が読めないと、参加できない?そんなことはありません。まずは、身近な地域や、市街地のフォトロゲから参加してみましょう。初心者向けの簡単な解説や、ステップアップのための講習も併設されています。
幅広い参加者とのふれあい
フォトロゲの上位者は、ロゲイニングと同様に「移動力」「読図力(戦略)」「チームワーク」により、高得点を狙います。これらは、トレーニングによって向上し、競技性も高くなります。しかし、フォトロゲを楽しむには、必ずしも最初から高度な技術を必要としません。すべての人が、同じ舞台で、楽しくプレーすることができます。
ステップアップと達成感
終了後には、すべてのチームの回った順番が公開されます。参加者のまわり方は、千差万別。上位者だけでなく、得点の近いチームと比較することで、新しい発見があります。競技性があることで、ステップアップの達成感を得ることができます。

他の競技との比較

フォトロゲロゲイニング*オリエンテーリング*
行われる場所街、里山、山森、公園
範囲約5×7km約20×20km約3×3km
成績得点の高さ得点の高さ時間の短さ
時間2時間以上24時間90分程度
回る順番参加者の自由参加者の自由決められた順番
通過チェック写真撮影電子カード電子カード
参加チーム2~5人2~5人1人
地図地形図など植生の入った地形図国際規程に則った地図
縮尺1:15000~1:500001:25000~1:500001:15000
移動方法基本的に徒歩、ランニング徒歩、ランニング徒歩、ランニング
装備補給食など登山装備に近い荷物は持たない
制限制限なし高度計、電子機器などは不可高度計、電子機器などは不可
*ロゲイニングは、世界選手権を基準とした。参考:IRF 国際ロゲイニング連盟
*オリエンテーリングは、代表競技として、フットオリエンテーリング・ポイントオリエンテーリング・ロング競技を基準とした。協力:Orienteering News in Japan